エンゲージリングとマリッジリングとは一生付き合っていくものです

エンゲージリングはいつもらう?

エンゲージリングを渡すタイミングですが、海外と日本の場合で傾向に違いが見られます。海外では彼氏があらかじめリングを買っておくことが主流です。彼女の前に跪いて誓いの言葉を言う時には、プロポーズする時にリングがなくては格好がつかないところがあります。日本の場合はサイズがわからない、本人の好みのデザインがわからないなどの理由で購入前に求婚する傾向が強めです。でも、ブライダル関係のリサーチではリングも準備しておいてほしかったという意見が女性側からは多めなようです。

婚約指輪の変化とは?

ダイヤが前面に出ている華やかなエンゲージリングは、日常の場面よりもパーティーなどの晴れの場向けに着けられるものでした。実際に昔のデザインの方がダイヤを固定している爪が大きくて普段使いにはあまり向いていないタイプのものが多かったんですよ。ところが時代が変わるとともにマリッジリングとセットで何時も着けられるようなデザインに変化していったのです。今のデザインの方が爪が服に引っかかりにくく、親しみやすいデザインになっています。

マリッジリングは夫婦ペアだからこそのもの

マリッジリングは夫婦で着けるものなので、二人で同じデザインを付けることが多いですね。最近ではデザインだけは同じにして男女でリングのカラーだけ変えてみたり、表面上は同じに見えて裏にメッセージやシークレットストーンを別々のものを入れることで個性を出す方法も好まれるようになってきました。普段のどんな場面にもなじみやすいシンプルなものならではの上品さや美しさが好まれる傾向は時代が変わっても不変のものであるようです。

婚約指輪は結婚を約束した二人がお互いに贈りあう指輪です、宝石などで飾られ一般的に高価な指輪が多いです。